はじまる!

はじめまして。
同人誌サークル「雨ヶ原2番地」、代表の綾瀬しんです。
ホームページもありますが、編集などの手間を考えてこちらで更新情報を発信していきます。

詳しくは、当サークルについてをご覧ください。
スポンサーサイト

ぶんぶんはろーえふしーつー

・・・話をしよう。

あれは36日・・・
いや311万400秒前だったか・・・

まぁいい。私にとってはつい1ヵ月前のことだが、
君たちにとっては多分、

明日の出来事だ・・・!




どうも、綾瀬です!
冒頭がエルシャダイなのはたまたまデス。仕方ないね♂
ただ、話題的にはぴったり。

さぁ、10月も1週間経って、
実は綾瀬が1ヶ月プータローだったことも嘘のようです。

・・・はじめて言いましたけどね。

実際には1ヶ月有休消化で丸ごと休んで遊びまくったというのがアルティメットトゥルース。
おかげで久々に働くことの大変さが身に染みております。
そんなに残業もしていないのに。。

ただ、綾瀬は資格をテキトーに取っていたため、いつでも転職できます。
某スカウトサイトに条件を提示しても、
3日に1回はその資格関連の案内が来ていました。
提示されるどこのお給料も悪くないです。

・・・が、綾瀬は現在その仕事には就いておりません。。
せっかくなのでやってみたかった仕事の方を優先しましたww

そんなこんなで、プータロー改め転職人の綾瀬をコンゴトモヨロシク・・・

風神録巡り④~帰路と小ネタと聖地巡礼準備編

綾瀬です。

これにて風神録巡り2017は終了でございます。
もうすこしだけお付き合いください。



【小ネタ ①】

それは、上社本宮に向かう最初のルートにあった。

守矢さん - コピー

も、守矢・・・!?

そう、この後の道のりでよく見かけますが守矢名義の色々なものが存在します。
特に神社の周辺であればあるほど。。
なお、守矢観魚園様は取材しておりませんのでご了承を。

【小ネタ ②】

帰り道の道中。
とある駅で40分ほど時間が空くことになりました。
綾瀬、そういえば蕎麦をそんなに食べてなかったなぁと思いました。
※長野=信州は蕎麦の名所でございます。。

そうだ、蕎麦食べよう。
某京都府のようなキャッチが浮かんだので駅を徘徊。
「・・・大きな駅なのに駅弁も食事処もない・・・」
もっと言えばキオスクが改札の外に面しているので何も買えない・・・
いや、買えるけども窓口が開いているだけで棚とかには触れず。。
「うーん、本当に食事処ないの?」

・・・実はあった。。

蕎麦屋 - コピー - コピー

ファッ!?せまい!
そう、この入り口幅は上にメジャーが付いていますが、
大体ヒト1.5人分あるかどうかです。

なお、店内は・・・
蕎麦屋1 - コピー - コピー

分かりづらいですが、券売機の前を含めて2人の立ち食いが限界。

ここ、間口50cm×店幅150cm×奥行き60cm。
※日本で2番目に狭い立ち食い蕎麦屋だそう。

お蕎麦はとっても美味しいのでぜひ。(JR塩尻駅)




【巡礼の準備】

さて、これまでの綾瀬の冒険をみて、
「おっ、諏訪大社巡礼行ったろうやないか!」という方のために、
綾瀬の装備と、これがあった方がいいっていうものを書いておきます。

〇・・・必須装備
△・・・推奨装備
□・・・選択装備

『装備』
〇現金
 ※1日程につき1.5万円ほど。
   下にもありますが御朱印を貰うために500円×4社分、
   他にもいろいろな出費が必要です。
〇Tシャツ替え×2枚
 ※うち1枚ほどはポリエステル製の速乾繊維の物がおすすめ
〇私服上下×2セット
 ※パンツは軽量なものを選びましょう。
   重いデニムは初日装備として着ておいて、旅先でメンテしましょう。
〇下着×2日分
 ※良く動く場合は多めに持ちましょう。宿泊先で洗って干すということも考えましょう。

△折り畳みボトル
 ※諏訪大社上社前宮での「水眼」のくみ取りに。
  折り畳みボトルは100均で簡単に手に入ります。
△御朱印帳(500~3000円)
 ※各神社で御朱印を貰う際に必要です。神社でも買えますので、
   いままで集めていなかった人は現地で買った方が荷物を少なくできます。
  それに、現地で買えば諏訪大社オリジナル金印入り御朱印帳が手に入ります。
△同人名刺
 ※前宮での甘味処にて。
   交流ノートがあるにもかかわらずそういったものを持っていなかった綾瀬の後悔です。
   あなたが同人をされていれば、これはある意味必須装備だと思います。

□各種暇つぶし道具
 ※東京から中央本線で来る方にはあまり必要でない装備。
  他の拠点からくる方はすっごい時間かかりますので、そういう方は必須。
  綾瀬はバッテリー10000mAh、PSPのバッテリー2個で挑んで余裕でした。

□軽食
 ※電車によっては食事を買う機会がめっきりありません。
   事前に電車の停留時間などを調査していれば大丈夫ですが、
   それでも叶わないこともあるのでカロリーメイト2箱くらいは持っておきましょう。
   なお、乗り換えについては「JRえきねっと運賃・乗換案内」
   新幹線などの特別料金を含めても良いなら「Googleマップ」で検索しましょう。





さて、綾瀬の旅は以上になります。
短い間でしたが、好きなものに触れるというのはいいものです。
今度はもっと違う所に行きたいな・・・また探さねば。

最後に、全日程の出費を書いておきますので、
上記装備と併せて参考にしてください。


DAY1 交通費・・・   0円(青春18きっぷのため追加なし)
     宿泊費・・・2000円
     食費等・・・5000円(昼夕の駅弁+晩酌代)
DAY2 宿泊費・・・6000円
     交通費・・・2000円(観光バスなど)
     食費等・・・6000円(朝昼+晩酌)
DAY3 交通費・・・   0円
     宿泊費・・・2000円
     食費等・・・3000円
     その他・・・3500円(御朱印代・レンタサイクル)
     土産代・・・6000円
DAY4 交通費・・・0円
     食費等・・・3000円

総交通費  13800円(18きっぷ+観光バス)
総食費    17000円
総宿泊費  10000円
総諸費    9500円
総計     50300円

風神録巡り③~4社参り・上社前宮編

綾瀬です。

前回までのあらすじ!

上社本宮にたどり着いた綾瀬は早速境内でスペカの由来を探す!
そして、次の目的地の【上社前宮】を目指すのであった・・・


※ここ迄の総移動距離:7㎞



地図2 - コピー

【上社本宮⇒上社前宮】

さぁ、本宮から前宮へ急ぎます。
距離は1.5㎞ですが、実はこの道上り坂・・・
実質消費HPは4km分と同等です。

そして漕ぐこと10分余り・・・

前宮 - コピー

おめでとう!
【上社・前宮】に到着した!


・・・が。。

実際はこの石碑から道に沿って100m程登らないと本殿に行けません。

さすがは風神録、
諏訪子さまの耐久スペカを見事に再現しているのか・・・!?

上る事100m、無事本殿に到着して参拝完了。

【スペカ由来】

前宮湧き水 - コピー
神符「水眼の如き美しき源泉」
源符「厭い川の翡翠」
神秘「葛井の清水」
※源符「諏訪清水」(非想天則スペルカード)

この湧き水は「水眼」-すいが、と読みますが、
前宮本殿の前に湧き出している本物の沸き水です。

写真で伝えられているかどうかわかりませんが、本当に澄んでいて綺麗な水です。
綾瀬は幸運にも空きボトルがあったので汲んで置きましたが、
力の沸いてくる不思議な水です。空きボトルを持参して行ってみては?
※水に着けず、柄杓で注いで入れたため湧き水は汚していません。。

なお、【前宮】とは「かつてここに社があった」という意味です。
つまり、他が御祭神の居所とするならば、
前宮は「神奈子様が前住んでいたマンション」みたいな感じです。

そのため、4社のうち【上社前宮】のみが重要文化財の指定を受けていません。
ちなみに前宮の本殿は神宮式年遷宮の際に不要となった古材で成り立っており、
正確には昔のままではありません。(昭和7年建立)






・・・ふと綾瀬、本殿までの道に気になるお店を発見。

前宮2 - コピー

「(あー・・・少し早いけど小休止にしようかなぁ)」

そう思って店のお品書きを見た瞬間!

綾瀬、直感が騒ぎ始める。。

前宮3 - コピー

「(・・・ゆっくりしていってねだと!?)」

外観に、れ〇む&ま〇さ等の紅白白黒饅頭キャラクターは見えない。

確かに東方の聖地であるのに「同人の聖地」がない事はおかしいと思っていた・・・
いやでもそんなまさか、神社の参道にそんな場所があるわけが・・・?

前宮4 - コピー

あったんかーい!!

注文を済ませた後、早速おかみさんに聞いてみました!

Q:「お知り合いの方、絵師さんなんですか?」

A:「知り合いというか・・・
  皆が持ち込んでこうなった(笑)」



元々10年くらいされているお店で、たまたまオープンしてから発売(2007年発売)
もちろん聖地巡礼のお客さんもいて、グッズは持ち込んだものばかりだそう。

同人ポスターの掲載依頼などもあるため、こういった形で応えているそうです。
お店においてある交流ノートはまるまる6冊埋まっていました・・・

持ち込まれた同人誌の中には諏訪大社巡礼を紹介しているものも多くあって、
無料のガイドブックと勘違いして持っていくお客さんも多いのだとか。

おかみさんも、「あなた、【わかる方】の人だね?」
と嬉しそうに話してくれました。
僕も人物上手くなって同人誌を出せるくらいになりたいなぁ・・・と思いましたよ。

表の「ゆっくりしていってね!」も同人サイドからの提案で書いてみたとのこと。
「分かる人にはわかるんだねぇ(笑)」と女将さんも笑う。
つまりは同人ホイホイだったわけか・・・

前宮5 - コピー

前宮6 - コピー

これも作家さんからの頂き物だそうで、裏表両方に愛が溢れていました。

女将さんからのご厚意で注文した以外に茹でトウモロコシを頂きました。
五穀豊穣ライスシャワーのせいか、よく実ったモロコシでありんす。。

1時間くらいなんだかんだで休み、女将さんともお別れ。
ボトルに注いだ水眼をカバンに入れ、綾瀬は上社エリアを後にするのでした。




【上社前宮⇒下社秋宮ルート】

走る走る。
一旦上諏訪に戻るだけでも約10kmの道のり。
下諏訪への突入も考えると一気に約20kmを走破します。

実際綾瀬の体力は下諏訪の途中で力尽きましたが、
先程汲んでいた水眼を飲みながら何とか下社へ。

秋宮3 - コピー - コピー

つ・・・ついた!
【下社・秋宮】!!


秋宮2 - コピー

大きなしめ縄・・・
注連縄のサイズは祭られている神の力に比例するとどこかで聞いたことがあります。

出雲大社しかり、諏訪大社然りです。
建御名方神-神奈子さまは注連縄を持っておりますが、
それは神力が強大である証。
流石は神話に創建の由来のある神様ですわ・・・。

なお、秋宮はスペカの由来がなさそうでした。
しかし、秋宮は整然としていて綺麗です。
その綺麗さは風神録EXTRAの背景に採用された程ですので、一見の価値あり。
ただ、アクセスの良好さから人が集まりやすく、
周辺のお店もあることからとても賑やかなのでご参考までに。

【下社秋宮⇒下社春宮】

さあ、あとは坂道を下るだけの簡単なお仕事。
下った後は少しだけ上り坂がありますが、
本宮⇒前宮の坂道に比べれば超★緩やか!
1.2kmの道を進んだその先に・・・

春社 - コピー

ゴ、ゴール!!
【下社・春宮】!!


さて、ゴールの春宮は大きな社殿がありますが、
スペカに関してはあまりなかったような気がします。
筒粥「神の粥」の由来があるくらいでしょうか。






こうして、綾瀬の4社参りは幕を閉じた・・・

壮絶なる自転車での爆走の果てに、信仰ゲージはMAXである・・・

4社参り総移動距離(宿に戻るまで)
⇒35.4km(全て自転車移動)



・・・そして、綾瀬の旅は4社参り終了とともに終わりへと向かうのであった・・・

⇒風神録巡り④~帰路と小ネタと聖地巡礼準備編・・・につづく。

風神録巡り②~4社参り・上社本宮編

綾瀬です。

上諏訪で買い込んだ地ビールを飲んでいてグデングデンになってました←

・・・続きです。




前回のあらすじ!

DAY2で諏訪大社が上諏訪市になく
かつ1ヶ所ではなく4ヶ所の参拝が必要に!

どうする綾瀬











・・・いや、行くしかないだろ()

ちなみに作戦エリアは以下の通り。
地図1 - コピー


その中でも、
スペルカードの由来・・・上社本宮に集中
風神録Extraの背景・・・下社秋宮
神奈子さまの御柱  ・・・全部

・・・よーし、体力使い果たすぞー(´;ω;`)

綾瀬の宿泊地は上諏訪駅なので、上諏訪から出発。
移動手段は・・・自転車!!

・・・理由はあるんですよ?いちおう。

※お金と時間が惜しかったためですww

ちなみに、距離はこんな感じ。
地図2 - コピー

そういうわけで、綾瀬は自転車をこぎ始めたのだった・・・。





【上諏訪⇒上社本宮ルート】

レイクサイドから茅野市へ走り出すコース。
なお、諏訪大社周辺はレンタサイクルが充実しており、
上諏訪温泉の温泉宿ならばほぼすべての宿で利用できます。

しかしレンタル自転車は基本装備のみ、つまり、
ギアなしの非電動自転車でございます。
※下諏訪の一部施設では電動自転車もレンタルできます
が、今回綾瀬はすべてを自転車で回る以上、電動でない方が良いのです。

漕ぎだして暫く、やっぱり景色が良い・・・

諏訪沿岸1 - コピー

諏訪沿岸2 - コピー

諏訪沿岸3 - コピー

諏訪沿岸4 - コピー


そして漕ぐこと30分。

本宮2 - コピー

おおお!この参道&お土産屋さん・・・もしかして!

本宮1 - コピー

おめでとう!
【上社・本宮】に到着した!


そして本宮のスペルカード由来。
ザーッと確認しましたところ、

天竜水舎 - コピー
天流「お天水の奇跡」・天竜「雨の源泉」・・・天流水舎(別名:お天水)

御柱 - コピー

神祭「エクスパンデッド・オンバシラ」  ・・・神社内の御柱

本宮3 - コピー
準備「サモンタケミナカタ」         ・・・御祭神の建御名方神
大奇跡「八坂の神風」           ・・・御祭神の八坂刀売神
贄符「御射山御狩神事」          ・・・祭事の御射山社祭
秘術「グレイソーマタージ」        ・・・上社祈祷殿で伝えられていた秘法
秘術「忘却の祭儀」             ・・・上社祈祷殿で伝えられていた秘法
秘術「一子相伝の弾幕」          ・・・上社祈祷殿で伝えられていた秘法

五穀 - コピー
※神徳「五穀豊穣ライスシャワー」・・・五穀の種池

※秘法「九字刺し」          ・・・邪気払いの方法の一つ
※・・・地霊殿・非想天則のスペカ




・・・とまぁ、けっこう本宮はスペカの宝庫でした。
何より御柱がでかい。
写真の様な御柱が敷地内に3~4本立っててびっくらポンや・・・
ちなみにこの御柱は「実際に使用されたもの」なので、
斜面を滑った際に裏面が平らに擦り切れています。

そしてこのスペカ集中率、本宮に偏っているのには理由があります。
諏訪大社の御神体というのは自然そのもので、
創建が日本最古の部類に入るため、歴史がありすぎて途中までしか遡れません。

その中でも、下社=御神体がご神木で「春宮=杉・秋宮=イチイ」
そして上社は御神体が山で、守屋山を御神山としており
風神録は「妖怪の山」に新しくできた守矢神社の物語なので、
スペルカードの由来は奥ゆかしい上社本宮から取ったのではないでしょうか?
山の物語で、由来を木か山か選べ・・・となれば山の方を取るでしょう。



・・・っと本宮でボリューミーになってしまったため一旦ここまで。

あとは上社前宮の出来事を書いてしまえば下社の事は少しだけですので。

今日明日更新予定の、
風神録巡り③~4社参り・上社前宮編につづく!


※追記
諏訪大社の全社に五穀の種池らしきものが存在していますが、
詳しく説明があるのは上社本宮の種池だけです。
手入れが行き届いていて凄く綺麗なので癒されますね。
五穀2 - コピー